高感度全窒素・全炭素・全水素分析装置

おしらせ

高感度全窒素・全炭素・全水素分析装置の取り扱いを始めました。

株式会社住化分析センターが長年の燃焼法有機元素分析装置の製造・販売実績を元に満を持して有機微量元素(CHN)分析装置を開発、上市しました。

株式会社テクノサイエンスではこれまで米国Exeter Analytical, Inc.(EAI)社製の有機微量元素分析装置CE-440シリーズを取り扱ってきた経験と実績があり、SUMIGRAPH NCH-Ci の取り扱いにおいても据付調整・取扱説明からアフターサービスまでを含めた技術サポートをトータルに提供いたします。

ハロゲン・硫黄分析専用 燃焼イオンクロマトグラフ(CIC法)システムを掲載しました!

おしらせ

燃焼前処理装置、イオンクロマトグラフ、CIC法専用ソフトウェアをセットにしたオールインワンシステムです。

大幅な省スペース化を実現し幅1500mmの実験台にすべて設置できます。

専用ソフトウェアの採用によりCHN分析同様に試料名と試料重量を入力すれば標準試料での検量線作成とサンプルの定量計算まで可能です。

ここをクリックしてください。

ナシック(株)千葉ラボの紹介

おしらせ

ナシック株式会社の千葉ラボ(千葉大学西千葉キャンパス内千葉ヨウ素資源イノベーションセンター内)にもCHN分析装置を常設しました。

これまでの燃焼イオンクロマトグラフ(CIC)法によるハロゲン・硫黄分析に加えCHN分析も可能となり、有機元素分析をトータルにサポートいたします。

千葉ヨウ素資源イノベーションセンター(CIRIC)203号室です。

Nacsic NS-11のユーザーが令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞されました!

おしらせ

Nacsic NS-11を今年3月に納入させて頂いた北海道大学創成研究機構グローバルファシリティセンター機器分析受託部門の技術専門職員の方々が令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞され、その紹介記事が「いいね!Hokudai」(FBページ)に掲載されました。

こちらのページをご覧ください。

記事中にNS-11の画像も掲載されてご紹介頂いております。

ありがとうございました。